なぜ今、不動産投資なのか?

収益物件を買う「今」が絶好のチャンス。

不動産投資を成功させるためには「収益物件の場所」が大きなポイントとなります。
現在名古屋では、名古屋駅周辺の大規模再開発など、さらなる発展と多くの魅力があります。
安定的な不動産経営のできる条件が名古屋には多く揃っています。

  • 2027年リニア開通
  • 地価上昇
  • 相続税の増税
  • 金利低下

JR東海が計画を進めるリニア中央新幹線が、東京―名古屋間の2027年の開通に向け名古屋経済の活性化に期待が集まります。
リニア中央新幹線が開通することで東京と名古屋をわずか40分で結ばれます。

名古屋駅周辺ではすでに大規模再開発が進んでおり、魅力ある地域に進化していくことが期待できます。
また、リニア中央新幹線が開通後、東京への一時間圏内での通勤人口都市で名古屋が東京を上回るデータも予想されております。

自動車産業をはじめ「ものづくり」の街として数多くの産業が集まっている愛知県、名古屋。
経済成長率は高く、経済基盤の強いエリアであることは間違いありません。
更に2027年予定のリニア開通も含め、産業都市としての発展が期待です。

愛知のものづくり

名古屋の魅力・住みやすさについて(平成28年度第55回市政世論調査)では
名古屋に住む約9割の方が「住みやすい」と回答しています。

「買い物する場所などが近くにあって生活に便利」や「地理的に日本各地への移動の便利が良い」など上げられました。日本のど真ん中である利便性、有効求人倍率も高いことからも他府県から名古屋へ集ることが期待できます。

名古屋の魅力

名古屋の土地価格が上昇している理由の一番は、名古屋駅周辺の大規模再開発です。
現在、名古屋駅エリアでは、高層ビルディングの建設や再開発工事が進められており、2016年に名古屋市内で地価が最も上昇したのも、
名古屋駅エリアの中村区で、前年比の12.56%アップ(112万6627円/㎡)と大幅に上昇させました。

また、公示価格地価が上昇しているのは、名古屋市内だけではなく、市街近郊エリアにおいても、中心部と同様に土地価格の上昇が見られます。

今後も開発が進む名古屋エリアを中心に、不動産価値の上昇が期待できるため、今が収益物件を買う絶好のチャンス。